Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/173-5e26d2ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

C型肝炎救済法給付金支給への道 その5

4月下旬に薬害肝炎訴訟全国弁護団にメールを出したとこの日記で書いたけど、月曜日にやっとメールの返事が来た。
この返事のメールが来る前に、さすがに返事が遅いなと感じて薬害肝炎訴訟全国弁護団に電話して、カルテなどの資料を送って欲しいという話になり、コピーして翌日には送ろうとしていたので、送る前で良かったなと。
帰ってきたメールによれば、弁護団の方で色々あって返事が遅れてしまったとの事。まぁ、状況を考えればしょうがないかな。で、返事が来た弁護士さんが今後担当になるそうで、割とすんなりと担当の弁護士さんが決まったという感じ。
で、ここからがちょっと気になる所で、弁護団の扱う事件と言う形になると弁護団に加入する事が前提になるらしく、また、そこで受け取った給付金の何割かを弁護士費用として担当の弁護士さんに支払うと言う事になるそう。
余計に訳がわからなくなってきたんだけど、厚生労働省の発表からすると、弁護団に加入したりしなくても最寄りの弁護士さんに相談して、証拠を元に国に裁判を起こして、そこで勝訴した証拠を元に別の国の機関に書類を提出すると、給付金がもらえるという話のはずなんだけど、この辺がどうなのかちょっとわからない。どのみち来週に資料を持って担当の弁護士さんの所に行って話をしてくるので、その時に色々と聞いてくるつもり。
前回の記事に書いたとおり、もし、このまま弁護団に加入したりして話を前に進めたら、地域版の新聞に「○○市に住む20代の男性が~」と記事にされるのかね。その辺はある意味楽しみw
ま、とりあえず一歩前進と言う事で。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/173-5e26d2ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。