Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/180-0a24a183

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

エレスタットスピーカー ツィーター洗浄

ずいぶん前にスピーカーの改造をしてそれをHPに乗せてるけど、結構検索で来る人が多い。そのスピーカーについて何だけど、最近さらに分解清掃する方法を発見。早速まねしてやってみた。
前に改造したときに作ったページかここ。そのときは、ツィーターの回路に抵抗を並列につないで抵抗値を下げて、ツィーターの出力をあげる方法をやったんだけど、それでもあんまり効果的ではなくて、すぐに不満がでる始末。いろいろと調べて、洗浄をしている所はあった物の、何となく壊しそうで手を出していなかった。でも、意外と平気そうなことが書いてある所を発見して、ついにダメ元で分解清掃をやっても見ることにした。その方法をまとめたページがこれ。
そのページで紹介しているようにやってみたらあら不思議。今までの音がなんだったんだと言う位に復活。本当に繊細でよい音を出してくれています。このレベルの音がずっと維持できていれば今でも残っていたかもしれないけど、コンデンサ型(簡単に言うと静電気で駆動している)な上に、埃が入りやすいメッシュでしか覆われていないので、すぐに埃やらなにやらでゴミが付いて動きが悪くなります。そういう動きが悪くなったのをすぐに修理に回して故障率が上がって補修パーツが無くなったのか、音に掛けるコストに見合わなくなったのか、割とすぐにエレスタットスピーカーは姿を消しました。
復活した音を聞くと何となくその当時の技術者の情熱が伝わってくるような気がします。
エレスタットスピーカーの修理と洗浄の参考にしたい人のためにもう一回まとめたページのアドレス張っておきます。↓
エレスタットスピーカー ツィーター洗浄






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/180-0a24a183

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。