Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/203-49de537d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

厳島神社旅行(普通の観光)

旅行4日目。前日の竹原から移動して広島のホテルで一泊。
広島ホテル朝食

朝食バイキングなのでこんな感じにw ややお疲れ気味だったからか少なめに。

車で宮島まで移動。駐車場が混んでいて車を止められないかと思ったものの、雨で天気が悪かったのと大きな行事がなかったこともあり駐車場にはすんなり止められた。そして宮島行きのフェリーの切符を買ってフェリーに乗船。フェリーの切符って最初から往復切符で行きは改札で見せて帰ってくるときには改札に渡すという形式だった。てっきり片道切符かと思ってた。

厳島フェリー

そんなこんなでフェリーが出港。10分くらいで宮島に到着。写真はフェリーから見える大鳥居。この日も大潮でお昼過ぎまで厳島神社には入れなかった。この写真よく見ると神社の舞台とかは浸水してますね。

厳島神社遠景

フェリーを降りて厳島神社の表参道に向かって歩いているとそこかしこに鹿がw 人のことなど気にする様子もなくフツーにいます。フェリー乗り場では感じなかったけどこのあたりになると結構鹿臭いです。それだけ鹿が多いっぽい。

鹿

びっくりしたのが商店街歩いていたらこんな感じで店の前に鹿がいたり。

店の前の鹿

ちょうどここを歩いている時は本殿が浸水していてまだ入れなかったのでそれまで商店街をふらふら。パンフレットの裏側に書いてあった揚げもみじが美味しそうで気になったので1つ購入。

もみじ揚げ

揚げもみじを食べつつ散策していてもまだ時間があったので先に昼食をとることに。あなご飯が名物ということなのでそれを食べるためにいな忠さんへ。これは旨い。

あなご飯

食べ終わってちょうどいい時間になったので厳島神社方面へ。

厳島神社参道

この参道にも鹿が多いけどスルーして進んでいくと大鳥居が見えてきます。この時間はまだ潮が引いてないのでこんな感じ。

満潮時大鳥居

そこから左を見ると厳島神社本殿が見えます。まだ水に浮いてますね。

満潮時神社

厳島神社本殿に入る前に階段を登って千畳閣へ。

千畳閣階段 千畳閣

千畳閣は豊臣秀吉が建てさせたものの建設途中で秀吉が亡くなったため完成せず今に至ってるそうで。なのでちゃんとした壁も設けられていないし、天井の板も貼られていません。

千畳閣内側1 千畳閣天井 千畳閣外回廊

外回廊を歩いていて気がついたんだけど床板にこんなのが。ちょっと見にくいかもしれないけどこういう模様が。釘か何かを隠すのにこう言うことしてるのかなーと思ったけど何だろう。

外回廊模様

千畳閣を見終わったあと厳島神社本殿へ。

厳島神社入り口

本殿の回廊を歩いて平舞台へ。そこからの灯籠と大鳥居。

舞台から大鳥居を望む

平舞台から本殿を見るとこんな感じ。

厳島神社舞台正面

本殿を参拝して朱印帳に朱印を押してもらったりしたあと干潮までしばらく散策。

宮島路地風景1 宮島路地風景2

5時頃にだいぶ潮が引いたので大鳥居の近くへ。遠くからだとわからないけど足元に行くとホント大きいです。

引き潮時大鳥居 大鳥居足元から

潮の引いた浜から厳島神社本殿を見るとこんな感じ。

厳島神社海岸から

大鳥居の下に行くのは時間的に無理かなーと思ってたけど意外と干潮の時間の前に鳥居の足元にいけた。で、実際見てみるとやっぱり大きい。すごいなぁ・・・。あと、鳥居を見ていたらツアーか何かの団体さんが来てその人達に解説していた人が、「鳥居に小銭仕込むのはやめてください。コインが入ってるせいで鳥居がダメになってきているし、何より罰当たりなことしてますよ」と解説してるのを聞いてそうだよなぁと。間近で見るとホントコインが鳥居に刺さっていたりしてこれはダメだよなとさすがに思ってしまう。
出雲大社に行った時も感じたけど神楽殿のしめ縄に縁結びとかでコイン投げて刺してる人いるけどこれも見ていてあんまりいい気しなかった。なによりしめ縄の辺りが小銭だらけ。これはなぁ・・・。
ひとまず厳島神社散策はここまで。次は彦根城方面に向かいます。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/203-49de537d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。