Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/22-4272999c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カウンセリング行って来ました

今回から、両親もカウンセラーに見てもらうことに。ただし自分とは別の時間に。親に来てもらおうと言うことになった時に、一緒なのかちょっと気になったので聞いてみたら「別の方がよいでしょ。」とのこと。安心した。
とりあえず、自分の時間の前に両親が面談を受ける形にっなって、両親の1時間後に自分のカウンセリングが始まった。今回は自分の前に両親が面談を受けたため、カウンセラーさんからは両親について色々教えてもらえた。コレってやっぱり第3者が見ないと解らない問題で自分では全然気づかなかった。そのときは解らなかったものの、家に帰ってから何となく解った。
そのほかで一番印象的だったのは、親がカウンセラーさんに教えたのか解らないものの、いきなり
「フィギュア飾っていたりしてるんだって?」
と聞かれ、それについて「はい」と答え、そこから色々と話していた中で、このカウンセラーさんはいわゆる
萌え
についてかなり理解ある方で、自分の親と同じくらいの年齢なのにこの
萌え
が、今の文化だと言うことをちゃんと理解していることにかなりの衝撃を受けた。まぁ、このくらい衝撃を受けるのは無理もない話で、自分の親はどうも自分の理解できない物を絶対的に認めない所があるからそう感じてしまうのだろうなぁ。中学の頃にテレビでやっていた少女系のアニメ(月曜日の夜7時半頃にやってた)を、ちょうど夜ご飯を食べ終わってテレビを付けた時にやっていてそれを見たかったのに、
「目が大きくて変」
とかワケのわからん理由を付けてこっちを悪者のように見ていたことがあって、なかなかこういう物に手を着けられなかったなぁ。まぁ、今はそういう風に見られても突き進めるだけの力があるけれど、当時はそうできなかったんだよね。何で理解できない物を絶対的に否定するかね。そっちの方が理解できん。
まぁ、この事はこのくらいにしておいてそのカウンセラーさんが時々言われるのが、カウンセリングを行う部屋においてある箱庭療法用の人形を
「フィギュア集めているんですか?」
と言われるらしい。箱庭に使う人形が部屋の棚にいっぱいおいてあったらしらない人だったらそう聞いてしまうかも。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hassysroom.blog43.fc2.com/tb.php/22-4272999c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。